嫌いな人のSNSが気になって頻繁に見てしまうことが止められない病

嫌いな人のSNSをチェックすることが習慣になってしまって。
すごくおもしろいんですよ…
時間がもったいないとも思うけど、気になるから頻繁に見てしまうし、おもしろくて止めることができない…

そんな私を見ていただんな様に注意されて、あれこれ考えて…
考えをまとめるために、戒めとして自分が忘れないために、ブログに書くことにしました。
私のことをだらだらと書いているだけの記事になります。

 

空

 

その嫌いな人(以降Aさん)と私は直接の関係はないんですよね。
話したことはないし、今後関わることもないと思います。
きっかけは知り合いからAさんのことを聞いて。
変わってる人なんだろうな、くらいにしか思っていなかったんですけど、
AさんがSNSをやっていると知って、興味本位でのぞいてみたんです。

そしたら、予想以上に私とは合わない人で。
たぶん私の人生では関わったことがないような。
人のことを見下してるような投稿をたくさんしていて。
(それに加えて思わせぶりに匂わせてる内容は気になるし、挑発してくるし)
直接関わりのない私も下に見られているような気がして、なんだか悔しくてイライラしました。

そしてAさんは頻繁に投稿するんですよね。
だから、次は人を見下したどんなひどい投稿をするんだろう、
コメントではどんなやり取りをするんだろう、と気になってしまって。
つい見ちゃうんです…
フォローもしてないのに頻繁にAさんの投稿を見るようになってしまいました。

 


広告

 

そういう風にAさんに関する情報をたくさん追っていると、ネット上での人間関係みたいなものも見えてきて。

Aさんと仲が良い人はこういうことを言ってるんだ、とか。
この人は実はAさんのことを嫌いなのかな、とか。
公開しているから、完全に無関係な私も気軽に見ることができてしまう…
私は見る専門なんですけど、そういう人たちの投稿ややり取りを見ているだけで、なんだかおもしろくて。

 

最初は興味本位で軽い気持ちで見ただけだったんですけど…
ノンフィクションな女の人たちのどろどろした人間関係をリアルタイムに、
しかも自分は関係のない安全なところから見ることができる。
作られたフィクションの話より全然おもしろい…

 

そんなことに夢中になって、Aさんに関わる情報を頻繁に見ることを続けていたら、だんな様に言われたんです。

「どういう動機で自分とは無関係なその人たちの情報を見ているのか?」
「笑わせる気がない人たちの揚げ足をとって笑おうとしてるのは良くない」
「止めた方がいいと思う」

 

でもそう言われても、
だんな様が言ってることは正論だし頭ではそうだと思うけど、
気になるから見ちゃうんですよね。
Aさんは、もし関わったらマウントをとって私のことも見下してくる。
私自身、Aさんが見下してくる所は羨ましい妬ましい所でもあるから、悔しいという気持ちもあるし…

相手が先に下に見てくるんだから、こっちが揚げ足をとって笑って下に見て何が悪いんだ!と。

 

すごい性格悪いこと思ってるな、とか。
美しくないというか、見苦しいというか、醜いというか。
そういう行動をしてるんだろうな、とだんな様から言われて気づきはしたんですけど…

確かに自分とは関係ない他人のリアルな行動を見て勝手にバカにして笑ってる姿って、客観的に見たら醜いですよね。

 

でもAさん関連について気になる気持ちも、見て笑いたい気持ちも、やっぱり私の中にあるし。
こういう気持ちも醜いと思うけど、思ってしまうんだからしょうがないじゃん!みたいに思って。
そもそもAさんが見下してくるのが悪い!みたいな。
嫌いな人のチェックが止められない…

 

広告

 

でも、一人でいた時にふと思ったんですよね。

「私は好きな物に囲まれて生活したいんじゃなかったっけ?」と。

 

家の中は私の好きなキャラクターやアイドルのグッズ、かわいい雑貨やお気に入りの物を身近に置いておきたいと思っていて。
たくさんの大切なお気に入りに囲まれた生活は、幸せだなぁ、と今の私は思ってるんです。

それは物だけじゃなくて、好きなことにたくさんの時間を費やすことも同じなんじゃない?とふと思って。
ワクワクしたり、ドキドキしたり、楽しい気持ちになったり。
そういうことにたくさんの時間を費やして囲まれて生きていけたら素敵だな、と。

 

今たくさんの時間を費やしてるAさん関連のことは、私にとって好きでお気に入りなの?、と。

全然好きじゃないし!
むしろ嫌いだし!
絶対関わりたくないし!
家に置いておきたくない!

と思ったら、Aさんに感じていた悔しさみたいな気持ちが急に減っていきました。

 

なんでAさん関連のことは嫌いなのに、自分から選んで進んで見てしまったのかなぁ。
例えば仕事なら、嫌いな人との付き合いも避けられないから関わらなきゃいけないだろうけど。
私にとってのAさんは、本当に関係のない赤の他人なんですよね…

まぁ、Aさん関連のことは、ある意味、楽しいし、おもしろいんです。
でも私にとって好きじゃない。
しかも、そもそもその人たちは笑われると思っていないわけで。
その人たちにとっては大真面目なことなのかもしれないわけで。
直接私が見下されたことを言われたならまだしも、全然関係ない私が投稿を見て勝手にバカにして笑うって…。
悪趣味すぎる。

私がやばいし、醜い…
と、自分が情けなくて、恥ずかしくて、反省しました。

 

対等な人間関係を築きたい、と私は思ってるんだけどなぁ…
矛盾してますよね。
相手から先に見下すようなマウントを取られると、私も見下し返そうとしてしまうみたいで…
同じ土俵に立ってしまうというか。

それが今回で言う所の「揚げ足をとって笑って見下す」という、嫌いな人のSNSが気になって頻繁に見てしまうことが止められない病の原因だった気がします。

 

もしAさんに似てるような人を見かけたら、また私は同じように「揚げ足をとって笑って見下す」ことをしたくなってしまうかもしれません。
でも、それは私の弱い所で悪い所で、とても醜い気持ちであり行動である、ということは覚えておきたいな、と。
何より、私が好きなことや素敵だなと思うことにたくさん時間を費やして生活していきたい、と思いました。

もし、相手を見下し返そうと気持ちが捉われてしまったら、
「それは私にとって好きなの?」
「嫌いなのにそれに囲まれていいの?」と、自問自答しようと思います。

 

長く生きてるいい大人なのに、まだまだ未熟ですね…
反省…
生きてる限り、ずっと発展途上なのかもしれません。

見下したい気持ちが出てしまうのは今の私にはどうしようもないけど、私の認識は変えられる!
「気持ちが出るのはしょうがないから、それで良い」じゃなくて、
「気持ちが出るのはしょうがないけど、それは良くない」と認識するように…
認識を変えれば、少しずつ気持ちも変わっていくにちがいない!
そして、好きなことにたくさんの時間を費やして生きていきたい!

生涯勉強!
今が一番若い!
改めていこう!

 

広告

 

そしてそう思ったら、自分の気持ち的になんとなく息苦しさが減ったような気がして。
Aさん関連のことに夢中になってる時は、おもしろいとしか思っていなかったけど…
同時に、実は息苦しさも感じていたのかもしれません。

今冷静に考えると、「相手の揚げ足をとって笑って見下す」ことを自分自身がしているので、誰かが私の揚げ足をとって笑って見下してる気がして、息苦しかったんだと思います。
完全に自業自得なんですけど。
人間不信になるというか、主体的に動きづらくなるというか。

でも、自分はそういう行動をしないしそれは醜いことだ、と思っていると、
生きやすいような、空気をたくさん吸えるような、自分らしく自由に全力で走り回れるような、
そんな気持ちになりました。

 

だんな様に気付かせてもらえて、本当に助かりました!
感謝ですね。

今回私は間違ってしまったけど、
これからたくさんの好きなことや物に囲まれて、生きていきたいな、と思いました。

 

【追記(2020/5/17)】
この頃の私は、「こんなヤバい人に比べれば私は全然マトモ」という依存症だったのかもしれません。
正義中毒に近い依存症状?自分の承認欲求と優越感を満たすために嫌いな相手を見下し返していた過去

 

【関連記事】
嫌いな人へ自分の気持ちの対処の仕方。人の不幸を願わず無関心に忘れたい
マウントをとって見下し返したい女の気持ちは国も時代も越える?映画『シンデレラ』の感想