【追記あり】ジャニーズ事務所の責任と説明不足。観客を動員する振替公演や全国アリーナツアーのライブを2020年内に開催と発表

コロナ感染者が増加している中、観客を動員するライブを開催するジャニーズ事務所

【2020/8/20、ジャニーズグループ主催公演に関して、2020年内大型公演の全公演中止が発表されました。それに伴い、「追記:2020年内の全公演中止を発表」を最後に追記しました】

 

2020/7/10、ジャニーズ事務所がジャニーズグループ主催公演の再開を発表しました。

この日以降、ジャニーズ事務所所属タレントの複数の振替公演や全国アリーナツアーのライブ開催が発表されています。
(これは無観客ではなく、観客を動員してのコンサートとなります。)

 

2020/7に入ってから、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数は増加しています。
第2波、との意見もあります。

そんな今の状況で、ジャニーズ事務所は2020/8/21以降、全国各地で数千人を動員するコンサートを何度も開催する

 

ジャニーズ事務所の対応に納得できなかったため、ブログを書くことにしました。

以下で書いている内容は、ジャニーズ事務所に対するネガティブな話となります。
ご留意ください。

 

広告

 

ジャニーズ事務所からの説明が足りない

コロナの感染状況とコンサート開催の発表

ジャニーズ事務所のタレントやスタッフの多くは、東京在住かと思います。
(ジャニーズ事務所の登記上の本社は、東京都港区赤坂9丁目6番35号)

そのため、ここでは東京都の新型コロナウイルスの感染状況をもとに話を進めようと思います。

 

始めに、東京都のコロナの感染者数の状況とジャニーズ事務所のコンサート開催の発表の時系列についてです。

以下のグラフは、横軸が日付、縦軸が東京都の新型コロナウイルス新規感染者数を表しています。
(2020/8/2までの感染者数)

 

東京の新規感染者数_20200802まで

東京都新規感染者数のグラフ

 

注目したいのは、矢印で示した7/10と7/22です。

 

7/10

政府が、イベント開催制限の段階的緩和を進めました。
(ステップ②からステップ③へ移行)

それを受けて、ジャニーズ事務所もジャニーズグループ主催公演の再開を発表したと思われます。
同日、開催自粛期間中に中止していたSexy Zoneの振替公演として、全国アリーナツアー(2020/8/21-11/1)の開催が発表されました。

この日以降、ジャニーズ事務所からは、振替公演の発表が相次ぎました。

 

7/22

政府がイベントの人数制限緩和の見送りを発表しました。
(8/1から予定されていたイベント開催の人数制限緩和を、8月末まで延期)
8/1にステップ③からの緩和を進めるのは時期尚早と判断したと思われます。

同日、ジャニーズ事務所からは、King & Princeの新規公演として、全国アリーナツアー(2020/9/5-11/18)の開催が発表されました。

その後も、他グループの振替公演の発表が複数ありました。

 

広告

 

なぜ今の状況でライブを開催する必要があるのか

私が気になるのは
なぜ今、観客を動員するライブを開催する必要があるのか
ジャニーズ事務所からの説明がない所です。

ジャニーズネットに、「ジャニーズグループ主催公演に関するお知らせ(2020/7/10現在)」が出ていますが、この説明はありません。

※参照:_ttps://www.johnnys-net.jp/page?id=text&dataId=1951
(先頭のhを_に変えています)

 

上記に示した通り、7/10に政府はイベント開催制限の段階的緩和をステップ③に移行しました。
だからと言って、ジャニーズ事務所が、必ずコンサートを開催しなければならないわけではありません

ジャニーズ事務所が提供できるエンターテインメントは、観客を動員するライブしかないのか?

そんなことはないと思います。

 

たくさんの選択肢がある中で、あえて今、ジャニーズ事務所は観客を動員するライブを開催する。
新型コロナウイルスの感染者数が増えていることが明白な状況で、数千人を動員する全国ツアーを開催する。

どういう理由や事情や想いがあって、今、ジャニーズ事務所はライブの開催を決定したのか。

今の感染状況で、様々なエンタメを提供可能なジャニーズ事務所が
「政府がステップ③に移行したから公演を再開します」
だけの説明は、不足しているのではないでしょうか。

 

もし仮に説明があったとしても、納得できるかできないかは人によると思います。

でも、観客となるファンや、
感染拡大を防止しようと努力しているファン以外の方々に対して。
今観客を動員するライブを全国で開催することに関する説明が、あまりに足りない。

ジャニーズ事務所は、ライブ開催を納得してもらおうという意思すらない、とも受け取れます。

不誠実な対応に私は感じました。

 

なお、これは余談ですが、
ジャニーズ事務所のファンクラブで購入するチケットは、ほとんどの場合

申込受付期間終了後およびお支払い後のお客様の諸事情によるお申込み内容の変更・追加・キャンセル・返金はできません。

(譲渡や転売ももちろん禁止)

 

つまり、コンサートの参加者側がチケットを購入するか否かを決定できるのは、申込受付期間内のみとなります。

 

私はキンプリのファンなのでその目線となりますが、
キンプリのコンサート申込受付期間内に、ジャニーズ事務所から別途なんらかの説明があるかと待っていました。
(申込受付期間は、2020/7/28 12時 ~ 2020/8/3 12時)
SHOCKの舞台開催にあたり、開催決定の権限を持つ堂本光一さんが7/28のジャニーズweb内に書いたような内容を、
キンプリのコンサート開催決定の権限を持つジャニーズ事務所から説明してくれないか、と。
でも、何もありませんでした。

ジャニーズ事務所に対して、消費者の一人として、誠意のない対応だと思いました。

 


広告

 

支離滅裂で矛盾している判断

開催予定のコンサート一覧

先ほど述べたように、
ジャニーズグループは2020/7/10以降、
開催自粛期間中に中止・延期していたコンサートの振替公演や、新規公演を相次いで発表しています。

2020/10末までに、観客を動員するライブ開催を予定しているグループは以下です。

 

振替公演を開催するグループ

  • Sexy Zone
  • SixTONES
  • Snow Man
  • Travis Japan
  • なにわ男子
  • Aぇ!group
  • Lil かんさい

新たに発表となった新規公演を開催するグループ

  • King & Prince

 

ジャニーズグループ主催公演の再開後、
最初の観客を動員するライブは、
2020/8/21開催のSexy Zone、大阪城ホール公演になるかと思います。

 

2020/8/21~10/31まで、ジャニーズ事務所はどれくらいライブを開催する予定なのか。

以下に一覧にしてみました。

 

開催日 グループ 場所 会場
8/21 Sexy Zone 大阪 大阪城ホール※1
8/22 Sexy Zone 大阪 大阪城ホール※1
8/23 Sexy Zone 大阪 大阪城ホール※1
8/25 Sexy Zone 福岡 マリンメッセ※1
8/26 Sexy Zone 福岡 マリンメッセ※1
8/28 なにわ男子 大阪 大阪城ホール※1
8/29 Sexy Zone 静岡 エコパアリーナ※1
SixTONES 北海道 真駒内セキス…※1
なにわ男子 大阪 大阪城ホール※1
Lil かんさい 大阪 Zepp Namba
8/30 Sexy Zone 静岡 エコパアリーナ※1
SixTONES 北海道 真駒内セキス…※1
なにわ男子 大阪 大阪城ホール※1
Lil かんさい 大阪 Zepp Namba
8/31 Lil かんさい 大阪 Zepp Namba
9/2 Aぇ!group 大阪 Zepp Namba
9/3 Aぇ!group 大阪 Zepp Namba
9/4 Aぇ!group 大阪 Zepp Namba
9/5 King&Prince 宮城 セキスイスー…※2
Aぇ!group 大阪 Zepp Namba
9/6 King&Prince 宮城 セキスイスー…※2
Aぇ!group 大阪 Zepp Namba
9/10 Travis Japan 静岡 エコパアリーナ※2
9/11 King&Prince 北海道 真駒内セキス…※2
Travis Japan 静岡 エコパアリーナ※2
なにわ男子 愛知 ガイシホール※2
9/12 Sexy Zone 長野 ビッグハット※2
King&Prince 北海道 真駒内セキス…※2
Travis Japan 静岡 エコパアリーナ※2
なにわ男子 愛知 ガイシホール※2
9/13 Sexy Zone 長野 ビッグハット※2
King&Prince 北海道 真駒内セキス…※2
Travis Japan 静岡 エコパアリーナ※2
なにわ男子 愛知 ガイシホール※2
9/14 Travis Japan 静岡 エコパアリーナ※2
9/18 SixTONES 静岡 エコパアリーナ※2
9/19 Sexy Zone 広島 グリーンアリ…※2
King&Prince 新潟 朱鷺メッセ※2
SixTONES 静岡 エコパアリーナ※2
9/20 Sexy Zone 広島 グリーンアリ…※2
King&Prince 新潟 朱鷺メッセ※2
SixTONES 静岡 エコパアリーナ※2
9/21 Travis Japan 神奈川 横浜アリーナ※2
9/22 Travis Japan 神奈川 横浜アリーナ※2
9/24 なにわ男子 神奈川 横浜アリーナ※2
9/26 Sexy Zone 福井 サンドーム※2
King&Prince 静岡 エコパアリーナ※2
Travis Japan 大阪 大阪城ホール※2
なにわ男子 神奈川 横浜アリーナ※2
9/27 Sexy Zone 福井 サンドーム※2
King&Prince 静岡 エコパアリーナ※2
Travis Japan 大阪 大阪城ホール※2
なにわ男子 神奈川 横浜アリーナ※2
10/3 King&Prince 大阪 大阪城ホール※2
10/7 King&Prince 神奈川 横浜アリーナ※2
Snow Man 大阪 大阪城ホール※2
10/8 King&Prince 神奈川 横浜アリーナ※2
Snow Man 大阪 大阪城ホール※2
10/9 King&Prince 神奈川 横浜アリーナ※2
10/10 King&Prince 神奈川 横浜アリーナ※2
10/11 King&Prince 神奈川 横浜アリーナ※2
10/17 Sexy Zone 宮城 セキスイスー…※2
King&Prince 広島 グリーンアリ…※2
10/18 Sexy Zone 宮城 セキスイスー…※2
King&Prince 広島 グリーンアリ…※2
10/21 Snow Man 神奈川 横浜アリーナ※2
10/22 Snow Man 神奈川 横浜アリーナ※2
10/23 Snow Man 神奈川 横浜アリーナ※2
10/24 Sexy Zone 北海道 真駒内セキス…※2
Snow Man 神奈川 横浜アリーナ※2
10/25 Sexy Zone 北海道 真駒内セキス…※2
Snow Man 神奈川 横浜アリーナ※2
10/28 Sexy Zone 神奈川 横浜アリーナ※2
10/29 Sexy Zone 神奈川 横浜アリーナ※2
10/30 Sexy Zone 神奈川 横浜アリーナ※2
10/31 Sexy Zone 神奈川 横浜アリーナ※2
King&Prince 福岡 マリンメッセ※2
Snow Man 愛知 ガイシホール※2

 

※1:2020/8/12に中止が発表された公演
※2:2020/8/20に中止が発表された公演

最終更新日:2020/8/21

 

数千人以上を動員できるアリーナクラスの会場でのコンサートが続きます。
(例えば、8/21の大阪城ホールの動員数は通常だと約16000人。ステップ③でも5000人)

全国各地での開催。
1日2公演の日も多いです。

 

年内に開催予定だったコンサートの延期・中止を決定した他のアーティストの方々は、数多くいます。
私が目にした延期・中止の理由は、新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮したとのこと。

ジャニーズグループ主催の上記に記載したコンサートの中には、
他のアーティストがコロナによる影響を鑑みてキャンセルした会場が含まれている、との噂もあります。

 

そこまでして、2020/7/10以降、今の状況で、
ジャニーズグループは、
自社の利益のために、全国各地で数千人規模のコンサートをこれだけの公演数の開催を発表した


セブンネットで見る

 

チャリティーの位置づけ

ここで私が気になるのは、ジャニーズ事務所におけるチャリティーの位置づけです。

 

仮にビジネスとして、
これほどの観客を動員するコンサートを実施しなければならないほどジャニーズグループがお金に困っているのであれば、
寄付をしている余裕はないと思います。

 

コロナウイルス感染拡大防止のために結成したジャニーズ事務所のタレントの多くが参加する「Twenty★Twenty」(トニトニ)。
2020/8/12に、チャリティーソングである『smile』が発売されます。

この収益は、新型コロナウイルス医療対策支援に寄付される、とのこと。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のためのチャリティーを行うジャニーズ事務所が、
自社の利益のために、感染拡大のリスクを負い、数千人を動員する規模のコンサートを何度も全国各地で行う。

 

ジャニーズ事務所は、本当に新型コロナウイルスの感染拡大を防止したいと思っているのか。

やはり支離滅裂で矛盾を感じます。

 

広告

 

ジャニーズ事務所の責任

観客を動員するライブ以外に、ジャニーズ事務所が提供できるエンターテインメントはたくさんある。
多数の選択肢がある中で、観客を動員するライブの開催を今、決定したのはジャニーズ事務所です。

 

コンサート開催に伴い、考えられる一番の不幸な出来事として。

上記のいずれか、あるいは複数の公演で、
新型コロナウイルスの感染を拡大させる、ということがあると思います。

 

どんなに感染予防対策を徹底したとしても、絶対にコロナに感染することはない、とは言えない今の状況。

薬もワクチンもない今の状況で、観客を数千人動員するこれだけの公演数のコンサートの全国での開催を決定した。
開催しない選択肢もある中で、開催することを決定した

その責任は、その開催を決定したジャニーズ事務所にあります。

責任をとる必要が出た場合は、ライブ開催決定の権限をもつジャニーズ事務所という会社の経営陣(取締役)がとることになると思います。

 

別件:タレントの心のケア

余計なお世話だという自覚はありますが、
私が懸念しているのは、出演するタレントの心のケアです。

 

現時点で、2020/8/21~10/31までに観客を動員するライブを開催するグループのメンバーは、いずれも20代以下のタレントとなります。

最終的にライブ開催決定に関する権限を持っているのは、ジャニーズ事務所です。
そのため、特にタレントが若い場合、そのグループやメンバー個人の意向を完全に無視された決定となる可能性もあるかと思います。

つまり、メンバーはライブ開催に否定的だったとしても、ジャニーズ事務所が開催を決定した、という場合もあるかもしれません。

 

以下は、もし私がライブ開催を決定されたタレントだったら、という仮の話となります。

まず、上記に書いたように、なぜ今観客を動員するライブを開催しなければいけないのか、納得できません。

そして、もし自分が感染してしまったら。
自分の周りの関係者や身近な人が感染してしまったら。

さらに、観客であるファンは、自分を見るためにライブにやってきます。
自分を見にきたせいで、ファンがコロナに感染してしまったら。
自分のライブで、コロナの感染を拡大させてしまったら。

場合によっては、取り返しのつかないことになってしまったら。

 

自分自身がコロナに感染することも恐ろしいですが、自分以外の人たちが感染してしまうことも恐ろしい。
感染を拡大させてしまうことも、恐ろしい。

このような精神的な負担を、ジャニーズ事務所は、20代以下の若いタレントに背負わせている。

 

タレントに対する丁寧な説明や心のケアは、ライブ開催を決定したジャニーズ事務所から当然行われていると思いますが、
念のため、私の考えも書いておきます。

 

できる限りの感染予防対策を徹底したとしても、感染してしまう。
それが新型コロナウイルスです。
観客を動員するライブを開催しない選択肢がある中、ジャニーズ事務所は開催を決定した。
ジャニーズ事務所が決定してしまった以上、権限のないタレントにはどうすることもできません。

 

感染予防対策を実施することは当然として、
ライブに参加している観客に楽しんでもらうこと。
これが出演するタレントにできることなんじゃないかなぁ、と私は思っています。

ライブの時間中は、参加している観客を思いっきり楽しませてほしい。
(参加している観客も、思いっきり楽しんでほしい)

 

ただし、ライブ開催により感染を拡大させるような出来事が発生した場合、
ジャニーズ事務所の責任となることを、忘れてはいけないと思います。
出演したタレントや参加した観客の責任ではありません。

今の状況で、観客を動員するライブの開催を決定したのは、ジャニーズ事務所です。
責任をとるのは、ジャニーズ事務所の経営陣となります。

 

そして、なにより、
このライブ開催は、タレント達自身が新型コロナウイルスに感染するリスクを高めています

ジャニーズ事務所がこのような判断をしたことは、絶対に忘れてはいけません。

今後の自分の人生で、ジャニーズ事務所とどう付き合っていくか。
所属タレントが考える項目の一つになるかと思います。

 

タレントとしても、
人間としても。
大切に扱ってくれる芸能事務所に所属してほしい。
タレントの命や健康を尊重してくれる芸能事務所に所属してほしい。

いずれも上から目線で余計なお世話だという自覚はありますが、私はこのように思っています。

 

広告

 

あとがき

話を戻します。

 

感染拡大に関する予見できる不幸な出来事が発生しないよう、
出演者やスタッフの定期的な検査なども含めて、
薬やワクチンがない中でできる最大限の感染予防対策をとっていただけるとは思いますが。

いずれにせよ、感染を拡大させるような出来事が発生した際の責任は、
観客を動員するライブ開催を決定した、ジャニーズ事務所にある。
会社の責任は、会社の経営陣である取締役がとる。

そのことを忘れてはいけないと思います。

 

なぜ、観客を動員するライブを今開催するかのしっかりした説明がなく、
チャリティーをする一方、これだけの規模のコンサートを全国で何度も開催し感染拡大のリスクを負う

振替公演や全国アリーナツアーのライブを2020年内に開催すると発表した今回のジャニーズ事務所の対応と判断は、不誠実で矛盾がある、と私は思いました。

 

ただ、
どういう理由や事情や想いがあって、今、ライブの開催を決定したのか。
コロナの感染拡大について、具体的にどう考えているのか。
チャリティーとの位置づけは、どうなっているのか。

ジャニーズ事務所に具体的に説明してもらいたい…、とは今でも思っています。

 

広告

 

追記:2020年内の全公演中止を発表

2020/8/20、ジャニーズ事務所より、
「すでに発表いたしております2020年12月末までの大型公演を中止することといたしました」と発表されました。

上記で記載したアリーナ規模の観客を動員するライブは中止となり、ジャニーズネットオンラインでの映像配信による公演に切り替えて開催するとのことです。

参考URL:_ttps://www.johnnys-net.jp/page?id=text&dataId=1951
※先頭のhを_に変えています

 

ジャニーズ事務所は公演中止の理由として以下のような内容をあげています。

  • 「2020年8月20日現在における新型コロナウイルスの感染状況とそれに伴う政府及び各自治体等の方針に鑑み…」
  • 「大型公演を開催することにより、必然的に多くの都道府県をまたぐ移動機関が発生する」

 

2020/7後半の時点での新型コロナウイルスの感染状況や政府の方針は、当記事で書いている状況でした。
多くの都道府県をまたぐ移動機関が発生するのも、ライブ開催を決定した時点で明確なことです。

2020年7月中旬から8月上旬にかけて、ジャニーズ事務所は、上記2020年内開催の多数の振替公演や新規公演を発表しましたが、
中止を発表した2020/8/20の時点で、大きく何かが変わったとは思えません。

 

何が言いたいかというと、2020年7月の時点で、2020/8/20と同様の判断をできたはずです。

なぜ2020年7月に、2020年8月以降の観客を入れた大型公演の開催を決定したのか

今でもよくわかりません。

 

コンサート開催決定時にしっかりした説明がなかったうえに、
その一か月後には予想できた理由で中止。
中止したからそれでいいだろう、という話だけではないと思います。
やはり、説明が足りない。

上記公演予定だったタレント達や関係者、そのタレントのファン。
いずれも、ジャニーズ事務所の判断に振り回された
形となりました。

 

以降はキンプリファンとしての話となりますが、キンプリの全国ツアー発表に関する一連の時系列は以下となります。

 

月日 キンプリ関連 その他
7/22 【新規公演】
全国ツアー開催発表
イベント人数制限緩和
8月見送り(政府)
7/28
-8/3
コンサート申込受付期間
8/12 コンサート当落発表 8月開催公演の中止
(ジャニーズ)
8/14 チケット振込期限
8/20 ツアーグッズ到着
全公演中止発表
(9/5) (ツアー初日予定日)

 

今回の一連のジャニーズ事務所の対応は、
キンプリファンとしての私の気持ちを軽んじて、弄ばれたように感じました。
一人の消費者として、見下された対応のようにも思いました。

そのため、私個人の気持ちとしては、タレントのことは好きですがジャニーズ事務所へ不信感を抱くのに十分な出来事となりました。

 

【関連記事】
「同一グループは家族とみなす」ソーシャルディスタンスに関するジャニーズ事務所の危険性

ジャニーズ事務所の派閥と今後の方針を考えた深読み