嵐を引き継げるジャニーズ事務所の次世代国民的アイドルグループは?今後キンプリは幹部に接待が必要?

つまり…
今後キンプリメンバーはジャニーズ事務所の幹部や権力者に対して営業や接待が必要ってことか!
と思ったのですが考えがまとまらないので、ブログに書こうと思います。

 

内容は、言葉を選ばずに言うならば、

ジャニーズ事務所の中長期経営計画はどうなってる?
まともに会社を経営する気があるのか?
経営能力やマネジメント能力があると思えない。
というような話です。

 

広告

 

ネガティブな内容ですのでジャニーズ事務所のことを好きな方には適さない内容だと思います。

すべてただの一個人である私の考えや想像で書いている内容で、かなり辛口です。
ご注意ください。
(とても長文です)

※2020/2に書いた記事となります。

 

木

 

嵐を引き継ぐアイドルグループ

今、なんで私がジャニーズ事務所の経営能力に疑問をもったかというと、
2021年以降のジャニーズ事務所の展望がまったく見えてこないからなんですよね。

2020年末に、嵐が活動休止することは決まっているわけで。
そのことが2019年1月、公にされました。

 

2019年の嵐はSNSやサブスク解禁など、新しい試みに挑戦していて。
事務所の後輩タレント達にとって、とても参考になる活動をしていると思います。

そして、その試みは成功しても失敗しても終わりがある。
活動休止する嵐だからこそできる新しいことだなぁ、上手いなぁ、と思いました。

 


広告

 

ジャニーズ事務所の看板タレント

ただ、嵐活動休止後の事務所の意思が見えてこない。

嵐は今のジャニーズ事務所の看板タレントと言って十分だと思います。

人気もあるし、
莫大な利益も生み出すし、
ジャニーズ事務所自体の芸能界や世間での地位向上に及ぼす影響も大きい。

その嵐の活動休止が公になって1年たつのに、嵐の後を引き継ぐグループがジャニーズ事務所から出てこない。

・・・って、この書き方だと誤解がありますね。

正確には、

 

ジャニーズ事務所から、嵐の後を引き継がせようと思っているグループが、見えてこない

 

事務所の意思が見えないんです。

 

嵐の活動休止の発表があって、すでに1年たっているのに、
2020年2月の時点で、嵐に匹敵する、あるいは、準ずるようなグループを作ろうという事務所の意思が、
マネジメントから全く見えてこない。

 

一庶民の私から見て、嵐活動休止後の2021年以降、
「ジャニーズ事務所の看板タレントは○○です」っていう国民的アイドルグループがいないのは致命的だと思います。

2021年は嵐活動休止直後の年なので、テレビ局やマスコミもジャニーズ事務所のタレントを取り扱ってくれるだろうけれど。

2022年、2023年…と時間がたって、嵐に匹敵するグループがいない事務所になった時、今と同じような扱いをされるのか、と。
当然保障はないわけで。

 

正直、私がどこかの芸能事務所で働いていて、歌って踊る男性タレントや俳優のアイドルグループを売り出す業務をしていたら、2021-2022年に攻めますよね。

2021-22年のここぞというタイミングで、一気に行動して攻めます。
ジャニーズ事務所の牙城を崩せる絶好の機会なので。
わかりやすい穴ができるんだから、むしろ攻めない理由がない。

っていう、そこらへんの危機感をジャニーズ事務所からまったく感じられないんです。
中長期経営計画は考えてるのか?と。

 

「SixTONES vs Snow Man」

最近のテレビ露出を考えるとSixTONESとSnow Manに嵐の後を引き継がせたいのかな。
(デビュー直後だからの露出だけではなくて)

「SixTONES vs Snow Man」(以降ストスノ)というデビューシングルでミリオンを達成したから嵐と同じくらいの人気も出るだろう、ということ?

 

それにしても、滝沢副社長の営業力はすごいと思います。
レコード会社が違う2グループの曲を、同じCDに入れる。
会議が大変そうだし、承認されなきゃいけない人が多そうだし。
それでもレコード会社を動かして実現させた、この営業の手腕はすごい。

ただ、個人的に、面白みがない売り方だな、と思ったんですよね。
もちろんデビューはおめでたい。
初の2グループ同時デビューで、最初はおもしろそうだなと思ったんですけど…

蓋を開けたら、わざわざ同時にデビューさせたのは売上を合算したかったからか、という印象しか私は受けなくて。
あのvs名義でのCDの売り方…
売上を伸ばす目的以外に、エンタメ的な面白みがどこにあったんだろう?と。
(個人の印象です)

 

話がそれましたが、嵐の後はストスノをジャニーズ事務所の看板グループにしたいということなのかな。

そうだとしたら、人数が多すぎるような。
ストスノのメンバーを合わせたら15人いるわけで。
嵐の活動休止まで11か月しかないのに、一人一人のメンバーを認識するのが大変というか。
たくさんの人がごちゃごちゃしてる、という印象になって流れてしまわないかな、と。
(私がジャニーズに興味のない一般人だったら一人一人覚えられないので)

 

あと11か月後に、国民的アイドル・嵐の穴を埋められるグループになってるということなのかな。
どうなんだろう…

 

広告

 

SMAPとジャニーズ事務所の経営陣

って、ふと思ったんですけど、SMAPを手放した経営陣と今のジャニーズ事務所の経営陣は同じですよね?

 

ビジネス的に考えて、どういう目的があったらSMAPを手放す決断になるのか、私はいまだに疑問なんです。

ジャニーズ事務所にとって、SMAPってめちゃくちゃ看板商品で。
利益も、人気も、芸能界や世間での影響力も大きい。

固定客もたくさんついてる。
ロングセラーで安定的に売れる。

 

言い方が悪くて申し訳ないんですけど、看板商品は多ければ多い方が会社としてはいいですよね。
リスクは分散できるし、さらに会社は発展できるし。

SMAPと嵐で主力となる看板商品が2つあった方が、会社としては間違いなくリスクを減らして発展できる。
当時のジャニーズ事務所は盛り上がってたと思います。

それなのに、ジャニーズ事務所はSMAPを手放した。
どういう目的で?
もし、個人の感情や社内の派閥問題が理由なのだとしたら、適切な経営能力はないんだろうな、と私は思います。

 

しかも、私の記憶が正しければ、昔は10代後半が人気のピークだったジャニーズの男性アイドルを、30~40代まで第一線で活躍できるようにした。
新しい売り出し方を切り開いて最初に成功したのは、SMAPだと思います。

ジャニーズ事務所への貢献は計り知れない。
人気、利益、影響力。
すべての面でジャニーズ事務所に貢献してる。

なぜそれが社内で評価されないんだろう?と。

私が知ってる情報だけでの判断ですけど、
ジャニーズ事務所の経営陣はタレントへの正当な評価ができないんだな、という印象をその時に受けました。

そしてSMAPを軽視した所をみると、経営能力だけじゃなく、タレントへの適切なマネジメント能力も乏しい可能性が高い。
(一個人が受けた印象です)

 

ジャニーズ事務所の幹部はマネジメント能力がない?

今のジャニーズ事務所の幹部・上層部のマネジメント能力が乏しいとすると…
人気や魅力や才能があるタレントを評価して見抜いて育てることができないと思います。
注力して売り出すべきタレントを、幹部が判断できない。

 

そうなると、どこのグループに注力すべきかを判断できないから…

満遍なく売り出すか、

あるいは、

幹部に懐いたり気に入られるように振舞えるタレント…
自分に従いそうなタレントに注力して売り出すことしかできないのかな、と。

 

つまり、今のジャニーズ事務所のタレントに求められるのは、人気や魅力や才能じゃなくて。

政治力。
事務所幹部への営業・接待。
いかに上層部に従順で気に入られたか。

それによって、売り出される可能性が高くなるのかもしれません。

 

ちなみに、政治力が高いタレントが売り出されること自体はいいと思うんですよね。
それもそのタレントの個性ですし、素晴らしい能力・魅力だと思います。

 

人気・魅力・才能はあるのに政治力がないタレント

問題なのは、人気・魅力・才能はあるのに、政治力がないタレントの場合。

ジャニーズ事務所はアイドルをマネジメントしているわけで。
アイドルというジャンルだと、タレントは若いですし、
政治力はない、従順ではないけど、魅力的で才能溢れたタレントがたくさんいると思います。

 

でも、そういう人は事務所から評価されない。
売り出されない。
公の場で芸を披露する機会がもらえない。

だから事務所から売り出されるために、タレントは幹部への営業や接待を頑張る。

表現を磨くことでも、
新しい芸術を創作することでもなく。
社内の幹部への接待を、
従順さを示すことを、タレントが頑張る。

タレントは芸能の人なのに。

 

マジでくだらない、と思うわけですよ。

(個人の考えです)

 

そんな状況で芸能界での今のジャニーズ事務所の地位を維持できると本当に思っているのか、と。

 

2021年以降のジャニーズ事務所

話を戻すと、嵐の活動休止後の2021年以降。

 

たとえば年末の国民的歌番組

2019年はジャニーズ事務所から5組出演して、司会も嵐の櫻井翔さんでしたよね。
この状態を2021年以降、嵐に匹敵する人気グループがいないジャニーズ事務所は維持できるのか?

 

2021年は嵐活動休止の翌年だから維持できるかもしれない。
(もしかしたら嵐分の一枠減らされるかもだけど)

そして2022年、2023年…
嵐に匹敵する国民的人気アイドルがジャニーズ事務所から本当に出なかったとしたら…

ジャニーズ事務所の出演枠は減らされるのが自然だと思います。

 

そうなったら、2グループを合算して1グループとして出演させたり、
J-FRENDSの再来!とか言って複数グループを合わせて出演させたり。
(たまに嵐の復帰をちらつかせたり?)

グループを合わせるって、やることは簡単だし、短期的には成果もわかりやすく出ますよね。
目先の結果を得るという点だけなら、失敗が少ないと思います。
年々、そういうのが増えてくるのかもしれません。
(長期的には自分で自分の首を絞めるのかもしれませんが)

 

「新しい地図」

まぁ、これは完全に思いつきですけど、
数年後、「新しい地図」の方々が年末の国民的歌番組の司会をやる可能性だって、あるかもしれません。

お茶の間的にはなんの違和感もありませんし。
テレビ局は忖度のないクリーンなイメージになりますし。
話題になるから視聴率はとれるでしょうし、世間的に好感を持つ方も少なくないと思います。

 

数年後、年末の国民的歌番組の司会に「新しい地図」の3人が抜擢された!となったら…
なんとなく、おもしろそうだな、と思いました。
(個人の思いつきです)

 

タレントの仕事とは?

話がそれましたが、2021年以降、
嵐が活動休止した後のジャニーズ事務所の状況は、今と同じではないと思います。

 

となると、将来性という点で、ジャニーズ事務所のメリットはなんだろう?

アイドルは芸を磨いたり新たな芸術を生み出したい。
でもその能力があっても、社内の幹部に気に入られないと仕事がもらえない。
だから社内の幹部相手に従順さを示して、営業したり接待したり。
政治力をつけないといけない…

正直、仕事をもらうためにテレビ局などの外部の人に営業するのと、やることは変わらないような気もします。

 

もちろん、ジャニーズ事務所のいい所もたくさんあると思います。

でも、今ジャニーズ事務所に所属しているタレントはそのあたりも考えた方がいいのかもしれないな、なんてことを無責任ながら、余計なお世話ですが、勝手に思いました。

 

広告

 

今後キンプリは幹部に気に入られないといけない?

最後に、私がファンであるKing & Prince、キンプリについて。

キンプリは、私が思うところ、人気や魅力や才能はあるけど政治力はないんですよね。
まぁ、そもそも政治力のある人の方が少数派でしょうし、若ければ若いほどないのが普通だと思います。
それにキンプリに政治力がないことも、今の魅力の一つだと私は思います。

ジャニーさんがいらっしゃった時は…
キンプリの仕事に何かあれば、鶴の一声のようにジャニーさんがジャニーズ事務所の幹部に話していた可能性もあるのかな、と今は勝手に想像していますが…

 

そして今。

ジャニーズ事務所の幹部がどのグループを売り出すべきか、タレントからの接待の有無以外で判断できない可能性がある。
キンプリが芸能活動するには、幹部に従順さを示して気に入られないといけない。

 

こういう政治力、営業・接待って、めちゃくちゃ適性があると思うんですよね。
というか、適性がないとできない。
適正がないのに無理してやると、すり減って消耗して、自分を犠牲にしてしまう。

そしてキンプリのメンバー…
誰に適性があるのか?となったら…

とりあえず今はみんな苦手そう。。。

 

じゃあキンプリのメンバーで営業活動をして一番消耗が少なそうな人となると…
消去法だと…
今の時点では…

 

神宮寺さんしかいない。。

 

神宮寺さんは幹部への接待が好きなわけでも営業が向いてるわけでもないと思うんですよね。
でも、キンプリの中で、神宮寺さんしかできそうな感じがしない…
でも、めちゃくちゃストレスだろうし、消耗がやばいだろうし…
うーん。。

 

・・・・・。

 

・・・やっぱり、くっだらないな!!!!!

 

神宮寺さんやキンプリがこんなこと、
事務所の幹部への営業や接待で消耗するくらいなら!
もっとパフォーマンスなどの芸を磨くことや、新しい作品を生み出すことにエネルギーを使ってほしい!

人気があって魅力もあって才能もあって
利益だって生み出せるのに、
なぜそれを発揮するために、社内の幹部に気に入られることを頑張らなきゃいけない!

 

キンプリ全員でCULENに移籍してくれないかな…
嵐が活動休止して、例えばキンプリ全員がCULENに移籍したら…
ジャニーズ事務所は、男性アイドル業界は、どう変わるのかな

 

なんてことを、また無責任ながら勝手に思ったりしました。
(ただの想像で思いつきです)

 

広告

 

あとがき

書きながら自分の想像とは違う所に着地したような…
過激なうえに偉そうなことを言ってすみません。

 

まぁ、これがすべて私の杞憂であることを期待しています。

 

ここまでネガティブな内容になってしまいましたが
ジャニーズ事務所が「嵐の活動休止」を認めたこと。
これに関して、私はいい印象を持っています。
(会社とタレントの関係という点で)

嵐のメンバーであるタレントの希望と、ジャニーズ事務所の希望と。
全員が少しでも納得できる解を求めて話し合う…
数年かけての話し合い…

どちらの立場だったとしても、想像しただけで気が遠くなりそうです。

 

忍耐強く、根気強く。
全員が少しでも納得できる解を探して話し合ったんだろうな、と。

タレントも、事務所の経営陣も。

本当に誠実な対応だなぁ、素敵だなぁ、と思いました。

 

ジャニーズ事務所の経営陣・幹部・上層部は
経営能力もマネジメント能力もあって。
事務所の中長期的な経営計画も適切に立てられている。

 

キンプリに関しては、メンバーがやりたいことをやって。
守るべきところは守りながら、攻めるべき時に攻めるマネジメントをしてもらえてる。
幹部への接待なんて必要ない。

ジャニーズ事務所の経営陣もマネジメントする人もキンプリメンバーも、
全員が納得して同じ方向を向いて進んでいる。

そんなチームでKing & Princeが自分たちの望むような芸能活動ができていることを、祈っています。

 

※すべて一個人の想像の話なのでご注意ください。

 

【2020/3/3追記】
神宮寺さんは、私の想像とは性格が違うのかもしれない。
(私が想像しているより天然なのかもしれない)
と思い、該当箇所に横線を引きました。

 

【関連記事】
2020/7に以下の記事を書きました。
タレントの退所とファン離れが加速?ジャニーズ事務所の派閥と今後の方針を考えた深読み

2020/11に以下の記事を書きました。
失われていくジャニーズらしさ。お金では買えないジャニーズ事務所のブランド力の低下