『ブラック校則』面白かった!映画とドラマとhuluを一通り観たネタバレありのレビュー

ブラック校則の映画・ドラマ・huluを観たレビュー

少し前に、映画・テレビドラマ・huluのオリジナルストーリー、すべてを観終えました!
ブラック校則』!!!

面白かったですね~。
映画はだんな様と一緒にもう一回観に行きました笑
(1回目に映画を観た感想『映画『ブラック校則』の感想。日本社会への風刺と大人へのメッセージ』)

 


広告

 

ドラマも最終回が終わって…

そして結局会員登録してしまったhulu…
こういうのって最初の登録が面倒だから敬遠してたんですけど…
我慢できなかった笑
初めて有料の動画配信サイトの会員になりましたよ!
しょうがない!!
ブラ校がおもしろすぎるのが悪い!!!笑
(悪くはないw)

 

ということで、映画・テレビドラマ・huluと一通り観た私の『ブラック校則』のレビュー(感想)です。
思いっきりネタバレありです。

ちなみに考察系のまとめは私は上手くできないので…
たくさんの方がブラ校について考察なさっていたのを読んでおもしろかったので、そちらも含めての感想です!

 

広告

 

映画を2回観たから気付いたこと

まず始めに映画の感想を…

1回目の映画を観終えた後、衝撃を受けて興奮しまくってたんですよね。
それを踏まえて、2回目はできるだけ落ち着いて観ようと思って…笑

今度は創楽の立場で観よう、
私がブレないようにしよう、と意識して観たら…

 

めちゃくちゃ青春!!!

 

「恋をした男の子が抱いている、女の子への一途な気持ち」

・・・めちゃくちゃ恋!青春!!!

むしろ、1回目に映画を観た時、なんで私はあんなに青春を感じずにブラ校を観れたのかと!
逆に私すごいな!!!笑

 

学校のルールを変えたい誰かに、勝手に私が感情移入してたんだろうなぁ…

いかに自分が偏ってて、興味のあるものだけに目を向けがちで、意識を持っていかれてしまうのか…
実感しました。

同じ映画でも、その時の自分の立場や気持ちでいろんな見方があって、どう捉えるかも自分次第なんだな、と。。。

人それぞれ、その時の気持ち次第で、違う見方ができる映画だな!と。
やっぱり面白かった!!!

 

広告

 

時系列がよくわからない

『ブラック校則』は考察も盛り上がってますよねー。
私自身は考察してないのですが、いろんな人の考察を読むのがとてもおもしろい!

映画・ドラマ・huluでストーリーの時系列がはっきりしていないみたいなんですよね。
時系列に矛盾があるらしい…

 

個人的にすごく気になるのは、映画とドラマ6話の時系列。
ドラマ6話にあった、中弥が補習受けてて創楽が校長を尾行した日は映画の演説の前なのか、後なのか…?

  • 中弥の告白
  • 校長と創楽の関係

この2つは映画とドラマ6話、どっちが先なのかで印象が全然違う!

 

まず中弥の告白。
映画とドラマのどっちが先かで田母神先生の気持ちが全然違う!と思って。
「迷惑」って返すのと、「生徒の一人として好き」って返すんじゃ、脈あり度合いがかなり違うし!!!笑

2つめの校長については、映画で演説した時も、ドラマで絵を描いた時も、創楽のことを認識していないような対応をしているんですよね。
創楽が空気のような存在とはいえ、さすがにあの演説をした生徒の顔は覚えるだろうし、絵を描いた相手の顔は覚えるだろうし。
どっちが先だとしても、なんで校長はああいう対応をしたんだろうなぁ、と。

 

どうやら考察してくださった方々いわく、映画が先でドラマ6話が後みたいなんですよね。

 

そうだとしたらですよ!

まず、中弥めちゃくちゃ脈ありじゃん!とか思うわけですよ!!!
1回目の告白は「迷惑」って断られたのに、2回目の告白は「好きだよ(生徒の一人として)」ですよ!!!
やっばい胸キュンか!!!笑

・・・あれ?
ドラマで、中弥が告白をして田母神先生が「好きだよ」って返した後、
「生徒の一人としてとか言うんじゃないの?」みたいなこと言ったの、中弥からじゃなかった???

・・・・・!!!!!

めちゃくちゃいい感じじゃん!!!
おめでとう中弥!
良かったね!!!

 

時系列で、こんなに印象違うんだなぁ…
ドラマが後だとこんなハッピーな感じになるとは…

だって、順番が逆だとして田母神先生の立場で想像してみると…
1回目の告白(ドラマ版)は冗談で返事しちゃったけど、2回目の告白(映画)は真面目に返事しての「迷惑」ってことになるわけで…
中弥、思いっきり振られてる…

 

ドラマが後かぁ!!!
中弥、本当良かったねぇ!!!
たまらん胸キュン!!

なんて思って、考察を読みながら一人でドキドキしました笑

 

そして創楽と校長…
映画の演説が先で、ドラマの絵を描くのが後だとすると…

校長、創楽が自分の学校の生徒だって絶対気付いてるじゃん!!!!!

絵を描いてる校長に他人のふりして話しかけた創楽、強すぎるわ!
というのは置いておいて…

なんで校長は、自分が校長ということも創楽が生徒だということも知らぬふりをして、
絵を描きながら話してみようと思ったんだろうなぁ…

 

ここらへんは、社会!立場!組織!信念!プライド!みたいな、校長の大人なりの事情が絡まってる感じがするなぁ…

その2日後が説明会で、創楽達が学校をサボったことへのお咎めもなかったし。
(SNS上で人気が出たとしても、お咎めなしはこれまでの校長ならありえないと思う)
校長にも迷いというか、揺らぐ気持ちがあるのかもしれないなぁ、なんて思ったり。。。

ドラマを観ていた時の私は、絵を描きながら創楽に話している校長に対して、生徒を縛るための都合のいい建前じゃない!?とケンカ腰で観てました。すみません。

田母神先生と校長には、大人だって悩むし迷うし変わることができる、みたいなものを感じました。

 

こういう感じで、他にもたくさん別なストーリーがありそうですよね。
最初は気付かなかったけど、時系列を考えたら新しい別なストーリーに気付いた!みたいな…
ブラ校、奥が深い!!!

 

あと細かい所も考察している方いわく、時系列に矛盾があるみたいなんですよね。
パラレルワールド説とか、創楽の妄想説とか、そういうのも出ているみたいで。
「まさかぁ…」と思ったんですけど、
「もしそうだったら…」とふと具体的に想像した時、ブラ校の世界がもっと広がるような気もします。

・・・これが、#ブラ校無限ループ !?

 

もしかして正解がないのが正解なのかもしれない…
確かなのは恋心だけ。

・・・そういうことなの!?どうなの!?!?笑

 

広告

 

制作陣の作り方が上手い

それにしてもブラ校は話の作り方が本当に上手い!
映画、ドラマ、huluでそれぞれの媒体に合わせたストーリーになっていて!

それぞれの媒体でちゃんと完結してるから、全部観なくてもいいんですよ…
いいんですけど!
観てる私の興味心で観たくなってしまう…
「好きなら観ればいいよ」っていう距離感でくるから、つい追いかけたくなる感じ!笑

しかも媒体が複数あることもうまく生かしてて!
そのせいで時系列もよくわからなくなるし。
余白がありすぎていろんな見方ができる!
とにかく上手い!!!

 

制作した方を調べてみると…

 

まず脚本を書かれたのが、此元和津也(このもと かづや)さん。

もとは漫画家なんだ!
「セトウツミ」とよく見かけたんですけど、実は私は「セトウツミ」のことを知らなくて…
ドラマやってたような、やってないような…くらいで。
今までの此元さんの作品も全部知らなかった…
(すみません)

漫画家の方が脚本家になるって、珍しいような!
しかもブラ校って原作がない完全にオリジナルの作品ですし。
これからもめちゃくちゃおもしろい脚本を書いてくれそう!
次回作も楽しみ!!!

 

監督は菅原伸太郎さん。
過去作だと、『いちごの唄』という映画でも監督をなさっているらしいです。
私は観たことない作品でした…
(すみません)

あとプロデューサーもいるらしい。
『野ブタ。をプロデュース』のテレビドラマ化を手掛けた河野英裕さん。
野ブタって、修二と彰か!!
私観てなかったーー!
親が野ブタおもしろいって言ってた!

 

ところで監督とプロデューサーって何が違うんだろう??
一般人には違いがよくわからず…笑

いずれにしても、『ブラック校則』すごく面白かった!!

 


 

あとがき

ハマりましたねー…
『ブラック校則』。
まさかhuluまで会員登録しちゃうとは笑

制作陣の方々、キャストの方々、面白い作品を作っていただき、ありがとうございました!

 

【関連記事】
映画『ブラック校則』の感想。日本社会への風刺と大人へのメッセージ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。