キンプリファンがビルボードジャパンランキングの集計方法を調べてみた

キンプリファンがビルボードジャパンランキングの集計方法を調べた

キンプリのファンになって、音楽関係のランキングに触れることが多くなりました。
CDを発売した時に、私が名前をよく聞くランキングが2つ。

  • オリコンランキング
  • ビルボードランキング

 

オリコンはなんとなく知ってる。
売上枚数のランキング!

でもビルボード…
ってなんだろう?
最近、名前は聞くような…

 

広告

 

ということで、ビルボードジャパンランキング(Billboard JAPAN Chart)について、キンプリファンとして集計方法を中心に調べてみました。

 

情報は、以下URL(ビルボードジャパンのHP)を参考にしています。

  • _ttp://www.billboard-japan.com/special/detail/2374
  • _ttp://www.billboard-japan.com/common/about/

(参考URLは先頭のhを_に変えています)

 

ビルボードジャパンHPの内容を基に調べたので、ランキングに入るための具体的な方法等を詳しく知りたい方には参考にならないと思います。
ご注意ください。

なお、数字のための言動を推奨するような意図はありませんので、ご留意いただければと思います。

 

最終更新日:2020/9/17

 


広告

 

ビルボードジャパンランキングとは?

ビルボードジャパンランキング(Billboard JAPAN Chart)とは…

8種類のデータからなる総合ソングチャート “Billboard JAPAN Hot100”

Hot100というのが、私がよく聞くビルボードジャパンのランキングみたいですね。
複数データを用いた総合チャート。

 

ビルボードジャパンのランキングはざっくり言うと、
「日本国内特有の市場を反映する指標として「所有」と「接触」を組み合わせた総合チャート」とのこと。
だから複数の指標を用いてランキングを出しているようです。

 

以下の8種類の指標を計測しているとのこと。

  • CDセールス
  • ダウンロード
  • ストリーミング
  • ラジオ再生
  • ルックアップ(PCへのCD読み取り数)
  • ツイート
  • 動画再生
  • カラオケ

 

チャートインサイト(「CHART insight」)で、
Hot100や上記指標ごとのランキング、曲ごとのチャート推移もグラフで見ることができる。
(個人的には、チャートインサイトを眺めているのがとても面白かった)

 

キンプリファンとしての話だと…

King & Princeは、現在、ダウンロードとストリーミングを行っていません。
そのため、8指標のうち、上記で太字にした6つの指標が関わってくることになります。

なお、カラオケに関しては、集計を再開したらその時に追記しようと思います。
「緊急事態宣言で外出自粛が求められていることを鑑み、2020年4月14日発表分より当面の間、カラオケ指標の集計を取りやめる」とのこと。

2020/7/6発表分(表示週:6/22~28)からカラオケの集計を再開していたので、追記しました。

 

ということで、今、King & Princeに関係のある

  • CDセールス
  • ラジオ再生
  • ルックアップ(PCへのCD読み取り数)
  • ツイート
  • 動画再生
  • カラオケ

の6つの指標の集計方法について、調べてみました。

 

※ちなみに全指標の計測期間は、毎週月曜0:00~日曜23:59とのことです。

 

広告

 

CDセールス

ビルボードのCDセールス集計は…
「サウンドスキャンジャパンによる約35,000店舗における販売枚数のパッケージ実売データをもとにした全国推定売上枚数」とのこと。

 

ざっくり言うと、以下URLのお店の購入が対象のようです。

ビルボードセールスデータ集計対象店

_ttp://www.billboard-japan.com/common/special/others/storelist/storelist.html

(参考URLは先頭のhを_に変えています)

 

イベント会場で事務所が直接販売したような売上データを得られないものは数えてない、みたいな記載もありました。
あと、「複数枚購入を原因とする減算処理はしていません」とのこと。

 

参考:オリコンの場合

ついでに、オリコンはどうなんだろう?
私が買ったCDはオリコンの売上枚数として数えられてる?

と気になったので、オリコンも見てみました。

 

オリコンは、「全国19,027店の調査協力店の販売実績をもとに、全国の推定売上枚数を算出したもの」とのことで。

ざっくり言うと、以下URLのお店の購入が対象のようです。

オリコン調査協力店一覧

_ttps://www.oricon.co.jp/rank/about/

(参考URLは先頭のhを_に変えています)

 

ちなみに、オリコンの集計期間も、毎週月曜から日曜までを対象とのことです。

 

ただ、オリコンでよくわからなかったのが、この文言。

「CD、DVD、Blu-ray Discともに、同一タイトルで特典付きなどの限定・特別仕様盤などと通常盤がそれぞれ発売される場合には、目安に則って合算集計」。

初回限定盤と通常盤は、「目安に則って合算集計」されるんですね。
・・・目安ってなんだろう???

売上枚数にカウントされる買い方とされない買い方がある、みたいな噂を見かけたことがあるんですけど、
この「目安」が原因なのかな…

詳細は、私にはわかりませんでした。

 

まぁ、とりあえず私が普段買っているお店はビルボードとオリコンの売上としてカウントされているお店だったので、一安心!

 

ラジオ再生

「プランテックの提供する全国主要エリアAM/FM32局のラジオ放送回数」とのこと。

ラジオで放送された回数もランキングになるんですね。
AM/FM32局ってどこだろう?と調べてみたけれど、具体的なラジオ局名はよくわからず…

 

チャートインサイトでキンプリの結果だけ見ると…

例えば、2019/9/9付け(集計期間:8/26~9/1)のチャートで
「koi-wazurai」のラジオ放送回数は8位でした。
(CD発売週)

誰かがリクエストしてくれたり、
パーソナリティの方が選んでくれたのかな。

 

ルックアップ(PCへのCD読み取り数)

「PCでCDを読み込んだ際にグレースノート・メディアデータベースにアクセスするLook Up回数」とのこと。

どうやら、PCやカーナビ等にCDを読み込んだ際に、
CDの曲名やアーティスト名を表示するデータベースにアクセスしている回数をルックアップ回数と言うらしい…
(グレースノートという会社のメディアデータベースがあるらしい)

 

例えば、ネットに繋がってるPCにCDを読み込ませてiTunesのソフトに自動的にCD情報が取り込まれれば、ルックアップされた、ということらしく。
ただ、すべてのソフトがグレースノートのデータベースにアクセスしているわけではないらしい。

と思って具体的なソフトや機器を調べたんですけど…

ルックアップ回数のために自分の使っているソフトや機器を変えたりするのは私の応援の仕方とはちょっと違うかも、と次第に思い始めたのでここに記載するのは控えます。
すみません。

 

ルックアップ回数の指標があるってことは、レンタル分も反映されるんですね。
友達に貸しただけでも、その友達がPCに取り込んでくれればルックアップ回数になる、みたいな。

 


広告

 

ツイート

「アーティスト名」と「曲名」の両方をつぶやかれているツイートを計測、とのこと。

 

ファンの方がこういう話をしているのを聞いたことがあります。
ツイートがビルボードの指標の一つだから、そう言ってたんですね。
(よくわからずにマネしてた笑)

他のルールとしては
「ハッシュタグの有無は影響しない。リツイートやリプライも集計の対象。略語や部分一致にも対応。」

リツイートも集計の対象なんですね。
略語や部分一致にも対応!

 

とはいえ…
King & Princeの場合、アーティスト名が難しいですよね。
「キンプリ」が略語として計測されるか、わからない…
特定ワードの集計可否についての問い合わせは答えられない、とのことだし…

キンプリのハッシュタグは#KingandPrinceを使う、と過去に書いたんですけど…
「#KingandPrince」が、ビルボードの集計対象かは不明です。。。

 

でも、せっかく曲についてのツイートをしていて、曲名が入ってるのに
アーティスト名がないと判断されて計測されなかったら、なんかもったいない…

曲名の入っているツイートする時は、ついでに「King & Prince」と入れようかな、と個人的に思いました。

 

あと、注意事項が追記されていました。

以下のように1つのツイートの中に複数の曲が含まれている場合、記載されているすべての曲で集計されるそうです。

「アーティストA、曲名A、曲名B、曲名C」
「アーティスト名A、曲名A、アーティスト名B、曲名B」

 

ただし、1つのツイートの中に「アーティスト名A、曲名A、曲名A、曲名A」のように何度も同じ曲を記載して投稿しても、1ツイートとしてしか集計しないとのこと。

 

動画再生

「ニールセンが提供するYouTube再生回数、YouTube Musicの再生回数および株式会社GYAOが提供する「GYAO!」の音楽コンテンツ動画再生回数」とのこと。

 

キンプリで言うと、ユニバーサルミュージックがYouTubeで公開している公式MVが、再生回数を集計される動画になるみたい。

「再生回数はYouTube独自のアルゴリズムにより、適正に判断されたアクションのみ再生としてカウントしています」との記載もあったり。

適正に判断されたアクション…
カウントする再生とカウントしない再生があるってことですよね。
詳細は、私にはわかりませんでした。

 

あと国内での再生回数が集計対象みたいなので、動画サイトの地域設定を「日本」にして再生した動画が対象になるみたい。

 

2020/8/27にビルボードから「YouTubeデータの取り扱いを変更」とのニュースが出ました。

2020/9/2発表分(集計期間:2020/8/24~30)よりYouTubeデータの反映方法が変更される、とのこと。

ビルボードジャパンからのニュース
_ttp://www.billboard-japan.com/d_news/detail/91596/2

(参考URLは先頭のhを_に変えています)

大きな変更は2つなのかな。

  • 音声のみのアートトラックや、音声のみモード/バックグラウンド再生モードは、ストリーミングとして反映
  • YouTube Music Premium会員(有料会員)による再生の方が無料会員の再生より比重が高くなるよう集計

 

YouTubeで通常の動画しか見ない無料会員の私には、よくわからず…
「音声のアートトラックとは?YouTubeってバックグラウンドで再生できるの?」という状態なので、「???」という感じです笑

私には難易度が高い…

 

YouTubeを使いこなしている方や有料会員の方にとって、影響がある変更なのかもしれません。

 

カラオケ

「第一興商(DAM)、エクシング(JOYSOUND)が提供するカラオケ歌唱回数を元に独自のポイントを付与したデータ」とのこと。

「独自のポイントを付与」はよくわかりませんが、
カラオケの機種がDAMやJOYSOUNDで歌うと、計測対象になるようです。

 

キンプリでいうと、シンデレラガールがとても人気!
最高位は、2019/1/21付け(集計期間:1/7~1/13)で、カラオケチャートの6位でした。

 

広告

 

あとがき

ということで、ビルボードジャパンランキングでキンプリに関係のある集計方法を調べてみました。

ビルボードは集計方法が変わることも多いみたいなので、気になる方は注意しておいた方がいいかもしれません。

 

あと集計方法を調べてみて…

そもそも数字ってなんだろう?と考えたり。

何も意識しないとランキングの結果である数字だけを見てしまいますけど、
その数字が出された実態、
中身を考えることが大切なんだなー、と思ったりしました。
(同じ数字でも、中身が違う)

 

ちなみに、グーグル等のサイトで「ビルボード 集計方法」と検索したら、
ランキング入りに貢献する方法をまとめたサイトを見かけました。
(他アイドルグループ担当の方がまとめているブログも複数あるようです)

もし具体的な方法にご興味のある方は、そちらを参考になさってみてください。

※正確な情報はご自身でご確認ください。

 

最終更新日:2020/9/17

 

広告

 

余談

完全に余談ですが、
今回調べてみた感想として…

やっぱり私は自分が楽しむことを一番にキンプリを応援したいな、と思ったりしました。

 

自分が欲しいから買う!
見たい物を見る!
言いたいことをツイートする!

でもその言動が数字として取りこぼされたらもったいないから、そこは適度に把握しつつ。

数字ではなく自分の気持ちを最優先して、キンプリを応援していきたいな、と。

 

とか思うと、やっぱりキンプリってすごい存在かもしれない。

一ファンとして私が感じる雰囲気ですけど、
キンプリには、自分が欲しいから買う!という人が少なくないんですよね。
(私も含めて)

それなのに、かなり売れる。

多様性の今の時代に、この現象を起こせるキンプリってすごいな、と。

たくさんの人のお金を動かす力が、
動かせるほどのすごい魅力が、
キンプリにはあるんだよなぁ、と思ったりしました。

(ファンとしての応援の仕方は人それぞれだと思いますので、これは私の場合です)