平野紫耀さんに全力で謝罪する必要があるかもしれない。岩橋玄樹さんへの発言の真意

今回は「平野紫耀さんに全力で謝罪する必要があるかもしれない」と思ったのでブログを書くことにしました。
最近暗い内容がたびたびあって、本当に申し訳ありません。

以下では、以前平野さんを担降りしようかと思うほど悩んだ話についての、現時点での私の正直な気持ちを書いています。
以前同様、平野紫耀さんファンで、とにかく大好き!という方には適さない内容かと思いますので、読まないでください。
本来あまりブログに書くべき話題ではないかもしれませんが、場合によっては私が平野さんに全力で謝罪する必要があると思い、書くことにしました。
人それぞれ、感じることや思うことは違うと思いますが、現時点での一個人の気持ちとしてご了承いただけますと助かります。

濃いピンク

 

以前、メンタルが弱っている岩橋さんに対してプレッシャーをかけるような「早く戻ってこい」といった発言は改めてほしい、と平野さんに対して責めるようなことを言いました。
(以前の記事「平野紫耀さんから担降りするか本気で悩んだ話。岩橋玄樹さんへの「早く戻ってこい」」

この件について私の気持ち的には決着がついていたのですが、今回新たな可能性が出てきました。
「復帰発表後の岩橋玄樹さんがコンビニでトラブルに巻き込まれて警察で事情を聴かれた」という某週刊誌の報道。
この報道から、私が感じたこと、平野さんに謝罪する必要があるかもしれない、と思った内容について、書いていこうと思います。

すべて私の憶測と想像で話が進みますので、その点ご注意ください。

 

今回の岩橋さんの報道。
有料動画を見た方の反応からすると、無料で知れるネット記事と有料動画を見て受ける記事の印象にかなり相違があるようです。
この内容について詳しく書くのは避けようと思いますが、
私は以下の2点だけが事実ではないかと思っています。

  • 岩橋さんはコンビニでトラブルに巻き込まれて警察で事情を聴かれた
  • 飲み会の写真が流出した

理由は、上記2点以外の岩橋さんに関する情報はなんの証拠もなく信憑性が薄いうえに、あまりに内容が極端であるため、悪意のある誰かによって脚色して作られた話のように感じたからです。
無料で見れるネット記事にある岩橋さんの言動がすべて事実ではない場合、このような読む側を誘導して印象を操作するような報道の仕方は岩橋さんの名誉を傷つけるもので悪質極まりない、と私は思います。
・・・と、話がそれました。すみません。

 

事実として問題なのは「岩橋さんが芸能活動一部再開発表の直後にコンビニでトラブルに巻き込まれて警察で事情を聴かれた」ということですよね。
岩橋さんに非があろうがなかろうが、芸能界でアイドルという職業だと、こういう話はマイナスとして捉えられることが多いかと思います。
仮にトラブルが解決していない状態なのであれば、岩橋さんに非がなかったとしてもマネジメントする事務所としては慎重な判断をしてもおかしくないような気がします。
もし私が事務所の関係者だったら、このトラブルが決着して解決するまで、将来に長く残る物、例えばCDに岩橋さんが参加するのは可能なら控えたほうがリスクが少ないと考えても違和感はないと思います。
(ここで言うリスクとは、最悪の事態を想定するならCD回収せざるをえない状況を指すのかな、と思います)

ファンとしての心理は置いておくと、
だから発売日を延期してまであんなに無理なスケジュールでわざわざ『君を待ってる』を5人で撮り直したのか、と思うと納得はできます。
事務所の判断としては、リスクを最小限にするために念には念を入れた、とても慎重な対応だと思います。

 


広告
 

ということは、事務所的に岩橋さんの活動再開を見送りにした一番の理由は病気の症状の悪化ではなく、
発売することが決定しているCD『君を待ってる』に岩橋さんを参加させないこと、になりますよね。
もちろん、警察に行くようなトラブルに巻き込まれてしまったことは岩橋さんにとってすごく不安でしょうし、
実際病状が悪化してもおかしくないので、それもあるかもしれませんが。

ただ、もしかしたら、岩橋さん自身は本当に活動を再開できる状態で病状も比較的落ち着いていたのに、トラブルに巻き込まれたという理由で、再度活動休止しなくてはならない状況だったのだとしたら…
あるいは、一時的に岩橋さんの症状が悪化したので再度活動休止したけどその後病状は落ち着いていて、でもトラブルが解決しないことにより復帰できない状況だったのだとしたら…

岩橋さんが復帰できない理由として「トラブルが解決しないこと」という可能性もあるんじゃないか、と思いました。
(すべて私の想像です)

そして、そのことを知った平野さんが岩橋さんに対して「早く戻ってこい」と発言したのだとしたら…

こうなると、平野さんの発言はメンタルが弱ってる人にプレッシャーをかけたのではないことになり、意味が全然変わってきます。

 

もしこの私の憶測と想像が合っているのだと仮定したら、
岩橋さんのトラブルはあったけれど、平野さんは岩橋さんと今後も一緒のグループで活動したいと思っている。
今回のことを岩橋さんが気に病む必要はないから、早く戻ってこい、という意味での発言と捉えることもできます。
とても頼もしくて気遣いのある優しい発言だと私は思います…

・・・もしそうだとしたら、私は平野さんに全力で謝罪する必要がありますよね。

平野さんのことを責めて、本当に申し訳ありませんでした。

と謝りたい、と思いました。

 

もちろんこれは岩橋さんへの平野さんの発言の真意として新たに出てきた可能性の話なので、実際はわかりません。
もしかしたらこれかもしれないし、以前書いた内容なのかもしれないし、全然違う別な何かなのかもしれないし。

ただ、こういう可能性も考えられるな、と気付いたのにそこは書かないというのは私にとって何か違うような気がしたのと、
もし今回の可能性が平野さんの発言の真意であったなら謝罪させてほしい、と思ったのでブログに書きました。
過去の話を再度持ち出してしまい、すみません。

こんなファンですが、これからも平野紫耀さんやキンプリを応援させてもらえると、とてもうれしいです。
いつか6人のキンプリが見れる日を楽しみにしています!

※内容はすべて私個人の憶測と想像です。ご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。