平野紫耀さんの内面で一番好きな所は、勇気がある所です

推しのキンプリ平野紫耀さん、「俺のどこが好きなの?」とたびたびファンに質問するんですよね。
思い返してみれば、けっこう前から雑誌でも見かけたような…

・・・答えましょう!!!

本当はファンレターに書けばいいんだろうけど…
まとめるのが下手な私が何も考えずに書き出したら、めちゃくちゃ長文になりそうだし(笑)
ということで、考えをまとめながら平野紫耀さんのどこが好きか私個人の価値観で勝手に書いてるブログになります。

 

深紅

 

平野紫耀さんの好きな所

以前、「私が思うキンプリ平野紫耀さんの魅力一覧!顔やダンス、不思議系天然だけじゃない中毒性のあるギャップ」に書いた所は、もちろん今も魅力的に思っています。

顔!
ルックス!
歌やダンスのパフォーマンス!
独自の世界観がある不思議系天然!
他にもいっぱい!

かっこいい!
かわいい!
ドキドキする!
癒される!
元気になれる!
楽しい!

などなど・・・

 

広告

 

ただ私の勝手な想像だと、平野さんはもっと内面的な所を聞きたいのかな?と思ったり。
だから内面的な所に絞って考えてみると・・・

そうだなぁ…
たくさんあるんですけど、あえて一つだけ一番好きな所を言うとしたら…

「勇気がある所」

これだ!!!

 

内面で一番好きな所は勇気がある所

念のため「勇気」の意味を調べると…

「普通の人が、恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに向かっていく積極的で強い心意気のこと。勇ましい強い心をいう。」

やっぱりこれ!!!

 

私の価値観の話になっちゃうんですけど、
勇気って言っても、「外に向かう勇気」と「内に向かう勇気」は違う種類の勇気なような気がしていて。
相反しているというか。
完全に私が持ってる概念というかイメージなんですけど。
両立するのはすごく難易度が高いんじゃないかな、と私は思ってるんです。

 

私のイメージだと
「外に向かう勇気」は自分以外の外部に対する勇気で、
「内に向かう勇気」は自分を受け入れたり認める勇気。

「外に向かう勇気」を強く持とうとするには、自分は正しいと強く信じないといけないような気が私はしていて。
そのこと自体はいいと思うんですけど、もし自分が間違っていた時にそんな自分を受け入れづらくなるから、「内に向かう勇気」は持ちづらくなるというか。
逆に「内に向かう勇気」を強く持とうとすると、行動が慎重になるような気がして。
これもそのこと自体はいいと思うんですけど、「外に向かう勇気」は持ちづらくなるような気がするんですよね。
(私が感じているだけです)

でも、平野さんは「外」と「内」、両方に向かう勇気を持ってるような気がします。

 

内容が抽象的すぎるうえに日本語力がなさすぎて、
すでに何を言ってるのかわからなくなってきました(笑)
まぁいっか!

これについて、少し掘り下げてみようと思います。

 

広告

 

外に向かう勇気

平野さんは新しいことに挑戦することを、あまり恐れないですよね。
どんな環境でも自分を出して行動することを躊躇っていないような気がします。
自分を出すことに対して、委縮したり物怖じしているように見えないんですよね。

不安だよー、緊張するよー、怖いよー、できないよー、と私が感じてしまうようなことでも、
平野さんは自分を主張して、外に向かって進んでいく勇気があるように思います。

とはいえ、平野さんも人間なので、きっと不安や恐怖もあると思うんですよね。
(無意識に気付かないようにしているか、気付いているけど見ないようにしているか、自分ですべて自覚しているかはわかりませんが)
でもそんな自分の気持ちや感情をコントロールして、勇気を持って新しいことに挑戦しようしたり自分を出そうとしたり。
外に向かう勇気があるなぁ、と。

私はとても苦手なことなので、かっこいいなぁと思います。

 

内に向かう勇気

これは自分を認めて受け入れるとか、そういう意味での勇気で。
「外に向かう勇気」を持って、勇気を出して進んでいると、
仮に間違っている自分に気づいた時に受け入れづらくなってしまうというか。
まぁ、私がそうだからそう思うだけかもしれないんですけど…
けっこう難易度が高いと思うんですよね。

でも、平野さんは間違った自分に気づいたら、そんな自分も認めて受け入れる「内に向かう勇気」もあるように感じるんです。
正確には、私がそう信じているだけかもしれません。
これについては私の勝手な想像なので、具体的な話はないんですよね…

 

少し話がそれるんですけど、
自分を追い込みすぎると体調を崩すので気を付けてる、とか、
日によって体調に差があるけどその日できる100%を出すようにしてる、
みたいなことを、平野さんは話していて。
(ニュアンスです)

でも本当は、平野さんは可能なら自分を追い込んで頑張らせたいと思っているし、
本当は、体調に差がなく毎日同じような100%を出したいと思っているんじゃないかな、と思うんです。
身体の事情がなければ、平野さんはそうしたかったんじゃないかなぁ、と。
まぁ、平野さんを見ていて私が勝手に思ったことなので全然違うかもしれないんですけど…

 

でももし平野さんがそう思っていたなら、
身体の事情とはいえ、できなかった自分に対して最初はすごく悔しかったんじゃないかな、と思ったんです。
自分の弱点を見つけてしまったというか。
そういう自分を受け入れるのに、勇気が必要だったと思うんですよね。

悔しく思う自分の弱点に気が付いた後、
そんな自分のことを認めて受け入れる勇気があったから、
平野さんは今の自分ができる最善の対応策を考えることができたんじゃないかな、と私は思ったんです。

 

自分の弱い部分を受け入れるっていうのも「内に向かう勇気」だと私は思っていて。
これは間違っていた自分を受け入れる「内に向かう勇気」と通じるものがあるように思います。
だから、私は平野さんに「外だけじゃなく内に向かう勇気もある人だ」と私は感じているのかなぁ、と。

 

ちなみに私自身はこれがなかなかできないんですよね。
弱い自分を認めたくないから受け入れられなくて。
開き直ったり、感情的に逆ギレしたり、認めたくなくて現実逃避したり、自分では気づいてないけどもっといろいろやらかしてるかもしれません。
(私の悪い所という自覚はあるので対策中です)

なので平野さんのこういう所、とても勉強になります。

 

平野さんの「外に向かう勇気」と「内に向かう勇気」を両立して
「勇気がある所」が私は好きなんだろうなぁ…

年齢問わず、性別問わず、こういう勇気を持っている人はとても素敵だなぁ、と思うので憧れています。

 

勇気を持っている所は変わらないでほしい

平野さんも人間だから、いつも勇気を出し続けるのは無理だろうし
体調や気持ち・感情によってそうじゃない時もあるのが自然だと思うんですよね。
外にも内にも勇気を持てなかったり、片方だけの勇気しか出ないタイミングがあっても、それはそれでいいと思うんです。

でも、平野さんを見ていると「勇気を持ち続けることは良いことだ」みたいな気持ちを私が感じるんですよね。
きっとそういう所も好きなんだと思います。

 

私は人は変わる生き物だと思っているので、変わることは自然なことだと思っているけど、
勇気を持っている所は、私にとって平野さんの変わってほしくないところなのかもしれないなぁ…

平野さんが勇気を出した行動に対して私が小言を言ったりあれこれ思うことはあるかもしれないけど…
勇気を出したこと自体は素敵なことだと思うし。

って、行動の内容に対する小言ばっかり言って、「勇気を出したことはすごいと思ってる」と言ってないことが多いかもしれない…
すみません。。。

話がそれましたが、これからも平野さんに勇気を持ち続けてほしいなぁ…
と個人的には勝手に祈っています。

 

広告

 

平野紫耀さん自身が思う自分の好きな所

ところで、平野さん自身は自分のここが好き!という所はあるのかな?
ファンへの興味で聞いているだけならいいんだけど…

「大丈夫だから安心して」と勝手に深読みして言いたくなってしまったのは、
私の老婆心からの余計なお世話ですね(笑)
(誰目線だって感じですが)

 

あとがき

完全に私の価値観の話になってますよね。
すみません。
私個人的には書いていて、一人で納得して満足しました。
これぞ自己満足!(笑)

ということで、平野紫耀さんの内面で一番好きな所は、勇気がある所です!

※もちろん顔やルックスやパフォーマンスも好きです。

 

平野紫耀さんの内面で一番好きな所は、勇気がある所です” に対して2件のコメントがあります。

  1. おかき より:

    素晴らしい 表現力 最近 この一週間ほどで もう抜けられないくらい平野くんを

    大好きになったオバサンです あなたの書くことが うんうん そうなのよおおと

    頷いております

    1. なっつ より:

      共感していただけてうれしいです!
      平野さんは本当に魅力的ですよね。
      私も完全にハマりました笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。