Flowerの解散は悲しくて寂しい。曲とパフォーマンスの世界観が好き

Flowerの解散

2019年9月20日、Flowerの解散が発表されました。
(9月いっぱいで解散)

Flowerについてこのブログに書いたことはなかったのですが、実は好きなグループなんですよね。
ということで、悲しくて寂しくて。

 

Flowerは世界観が女性らしいんですよね。
歌詞や曲調にせつない曲が多くて、パフォーマンスや振り付けも女性らしい、しなやかな雰囲気で。
ボーカルの声もその雰囲気にすごく合ってる。
歌もダンスも上手い。
MVもとてもきれい。

「紅のドレス」公式MV YouTube

私はメンバー誰かのファンというわけではないので、個人のプロフィールは全然わからないし、メンバーの性格も全然わからないんですけど…
Flowerの世界観が好きで。

 


広告

 

こんな感じなので、熱狂的なファンというわけではなく…
ファンクラブにも入っていないし、ライブにも行ったことないし。
テレビに出ることがわかれば録画して見たり、
YouTubeの公式MVは頻繁に見たり。

CDは、この前ライブDVDがついてるCDの存在を知って買いました。

あとカラオケでは毎回少なくとも1曲はFlowerの曲を歌っています。
茶の間のライト層くらいのファンなのかな。

 

ただ、好きな期間はけっこう長いんですよね。
気づけば・・・
6年くらいかぁ。。。
メンバーの脱退が多いグループだったから、いつどうなるかわからない、とは思っていたものの…
本当に解散するとなると、悲しいし寂しいなぁ…

脱退・引退やグループの解散自体は、メンバーそれぞれが新たな人生を歩むための一歩を踏み出した、前向きな決断だと思うので、応援しています!

ただ、Flowerが好きな私の気持ちを整理したい。

 

ということで、今日は私がFlowerをどういう風に見てきたか振り返って、私の気持ちを整理しよう、というブログになります。

 

広告

 

2013年

「太陽と向日葵」で知り「白雪姫」で好きになる

「太陽と向日葵」をテレビで歌っていたのを見て、Flowerの存在を知りました。
曲調がなんか好きだな、というのと、ボーカルの真ん中の子(鷲尾伶菜さん)がかわいいな、と少し気になりました。

その後、「白雪姫」という曲をどこかで聴いたら、すごく好きな雰囲気で!
YouTubeの公式MVはかなりの回数見たと思います。
カラオケでもめっちゃ歌ってる!

「白雪姫」公式MV YouTube

「太陽と向日葵」を最後のシングルとしてパフォーマーの水野絵梨奈さんがグループを脱退。
「白雪姫」からはボーカル3人、パフォーマー5人の8人体制になりました。

 

2014年

「熱帯魚の涙」は初夏~夏に、「秋風のアンサー」は秋に歌いたくなる曲!
「秋風のアンサー」がそろそろちょうどいい季節ですね。

「秋風のアンサー」

「秋風のアンサー」公式MV YouTube

2014年11月に発売の「秋風のアンサー」を最後にボーカルの武藤千春さんが脱退しました。
それ以降、ボーカル2人、パフォーマー5人の7人態勢になりました。

 

2015年


 

アルバム「花時計」とシングル3枚発売。
「Blue Sky Blue」はすごく爽やかな曲で、春の終わり~初夏に歌いたくなる!

そして、2015年10月にボーカルの市來杏香さんが脱退しました。
それ以降、ボーカル1人、パフォーマー5人の6人体制になりました。

これはすごくビックリしたなぁ…
ボーカルが鷲尾さん1人になるので。
「Flowerに新しいボーカルを入れるのかな?」と私が動揺したのを覚えています。
(結局新メンバーは加入しませんでした)

「瞳の奥の銀河」

ボーカル1人、パフォーマー5人の6人体制になって初めてのシングルが、2015年12月に発売した「瞳の奥の銀河」。
やっぱりFlowerはFlowerだ!と思って、安心してうれしかったなぁ。
MVは2番Aメロからが好きです。

「瞳の奥の銀河」公式MV YouYube

そして「初回仕様限定盤 (形態A)」には「Flower LIVE TOUR 2015 ”花時計”」が収録されたDVDがついていました。
(ボーカル2人体制でのライブ)

とても良かった!
「花時計〜Party’s on!!」で胸がいっぱいになりました。
今と比べると若い感じがあって、その可愛らしさもとても良かった!


 

2016年

シングル「やさしさで溢れるように」、ベストアルバム「THIS IS Flower THIS IS BEST」発売。

「やさしさで溢れるように」はJUJUさんのカバーで、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の主題歌でした。
この頃、テレビでFlowerをよく見たように記憶しています。
カラオケのランキングでも上位に入っていたような。

「他の誰かより悲しい恋をしただけ」

ベストアルバム「THIS IS Flower THIS IS BEST」に収録された新曲です。

「他の誰かより悲しい恋をしただけ」公式MV YouTube

女子感たっぷりの歌詞や曲調が好きです。
どっからどう見ても女子!!!な感じ。
他の曲同様、MVもきれいだし。
せつなさ全開。


 

2017年

シングル3枚発売。

「たいようの哀悼歌」

このCDの「初回生産限定盤A」に「Flower Theater 2016 〜THIS IS Flower〜 THE FINAL」が収録されたDVDがついていました。

このライブDVDがとても良い!

「瞳の奥の銀河」で泣けてくる。
美しいパフォーマンスやきれいな演出がたくさん。
かっこいい曲も増えたので幅も広がって!
振り付けもすごく好きかも、と思ったり。
やっぱFlowerの世界観めっちゃ好きだわ!と思いました。


 

そして、この「たいようの哀悼歌」を最後に藤井萩花さんが脱退しました。

個人的にはすごい衝撃で。
その情報が解禁になったのが大晦日だったこともあって、余計記憶に残っています。

「やめるの!?え?え!?!?本当に!?しかも引退!?!?」と、すごく驚きました。
腰を痛めていたようなので、今は治って元気に過ごしているといいなぁ…
ジャニーズWESTの藤井流星さんを見ると、今でも藤井萩花さんを思い出します。

 

2018年

Flowerの活動はありませんでした。

 

2019年


配信シングル「紅のドレス」、アルバム「F」発売。

「紅のドレス」

藤井さんが脱退して、ボーカル1人、パフォーマー4人の5人体制になってから初めての配信限定シングル。
どういう雰囲気になるんだろう、と不安だったんですけど…

やっぱりFlowerの世界観好きだ!すごい!と。

Flowerの世界観は残しつつ、大人の色気っぽい雰囲気もさらにプラスされて。
セクシー過ぎない、でも女性らしい、そして美しい。
やっぱり好きだなぁ、と思いました。

「紅のドレス」公式MV YouTube

 

そして、2019年9月、中島美央さんが脱退・芸能界引退を機に、Flowerは解散することになりました。

 


広告

 

つまりFlowerが好き

Flowerでこの曲が1番好き!という曲は私はないんですよね。
シングル曲もカップリング曲もアルバム収録曲も、どれもFlowerの世界観が出ていて好きなので、選べない…

魅力的なグループだったなぁ、と本当に思います。

水野絵梨奈さんは、パフォーマンスをちゃんと見ていないのでわからないんですけど…
武藤千春さんは、安定感のある歌声が好きでしたし。
市來杏香さんは、声質や歌い方がとても好きでした。
藤井萩花さんは、あのクールビューティな雰囲気がとても魅力的でしたし。
中島美央さんは、振り付けがとてもユニークでかっこよくて好きですし。
重留真波さんは、黒髪にしてからの雰囲気がとてもかっこいいですし。
坂東希さんは、かわいくて癒されました。
佐藤晴美さんは、踊り方が私好みなのか、女性らしいのにダイナミックなダンスがかっこいい。
鷲尾伶菜さんは、Flowerの世界観にぴったりなあのせつなさを感じさせる歌声が好きです。

 

Flowerとして、楽しませてくれてありがとうございました!
これからのFlowerを見ることができないのは個人的には悲しいし寂しいけれど、
メンバーがなりたい自分に向かって新たな一歩を踏み出してもらえたら、と思います!

私はこれからもFlowerの曲を聴き続けるし、カラオケで歌い続けます!
本当にありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。