キンプリ平野紫耀さんが働きすぎな件。ジャニーズ事務所とブラック企業 その1

キンプリのファーストコンサートが終わりましたね~。
今からDVDやブルーレイの発売が楽しみです!

今週もいろんな情報解禁がありましたね。
一番ビックリしたのは年末年始の舞台「JOHNNYS’ King & Prince ISLAND」の発表!
まさかデビュー後にすぐ舞台に出るとは思っていなかったので予想してなかった!!
見に行けるかなー、当たるかなー、とドキドキワクワクの日々です。
これからテレビ番組でも見れる機会が多いみたいだし、出る雑誌も多いし、セカンドシングルの発売もあるし。
推しの平野紫耀さんの姿がたくさん見れそうでうれしいです!
ありがとうございます!

 


広告

 

・・・というのがファンとしての私で。

でも普段の私、ある程度会社員として働いてきた社会人の私から見ると、さすがに働きすぎじゃないかな、と思うんですよね。
だって忙しすぎですよね…
芸能関係の仕事の1つ1つにどれくらいの時間がかかるか、
業界関係者じゃないのでわからないけど、こんなに出ずっぱりで平野さんは休んでリラックスしてる自分の時間あるのかな?と思うんですよ。

それで、ふとジャニーズ事務所とブラック企業が重なって見えちゃったんですよね…

 

私はブラック企業が本当に大っ嫌いなんですよ。
特に若者のやる気や頑張りにつけ込んで、ただの労働力として酷使して使いつぶして搾取して、
最終的に若者の健康を害して未来を奪うようなブラック企業が許せない。
マジ、ゴミですよ。
(言葉遣いが汚くてすみません)

そんなブラック企業とジャニーズ事務所。
搾取される若者と平野紫耀さんの姿が重なってしまい、感情的になってきました。。。
このやり場のない気持ちを吐き出したくてしょうがない!
私が感じた印象の話なので事実は違うかもしれません。
いや、むしろ違っていてほしいです。
過激なことも言ってしまうかもしれませんが、
すべて私個人の感想で事実に基づいていない話なので、それを頭に置いて読んでいただければと思います。

黒にゃんこ

 

さすがに最近の平野さんは働きすぎじゃないか、と思うんですよ。
おそらく2018/3くらいからずっとめちゃくちゃ忙しい。

●2018/3-6
 連ドラの撮影をやりながらデビューシングルのプロモーション。
 音楽番組やバラエティ番組多数出演。
●2018/6-9
 生放送の音楽番組出演やファーストコンサートツアーのリハーサル・本番。
●2018/9-12
 セカンドシングルのプロモーションやういらぶ。のプロモーション。
 舞台が始まるのでその稽古もあり。
●2018/12-2019/1
 ほぼ毎日舞台出演(12月と1月で演出が変わるらしいので覚えること倍?)
 おそらく年末年始の特別番組に出まくる。

 

広告

 

とりあえず新規のファンである私が認識しているだけでこのスケジュール。
テレビ番組も地上波での出演が多いので気が抜けない慣れないものばっかりだろうし。
とりあえず2019/1までめちゃくちゃ忙しそうですよね。
こんなざっくり書いているのも申し訳ないくらい、
毎日毎日やらなきゃいけないことに追われているんだろうなぁと想像しています。

こなせば終わる精神的負担のない仕事だとしても拘束時間が長くて自由なリラックスできる休養の時間がないときついのに
精神的に慣れないことをやらされたり、できないことに挑戦させられたり、時間に制約がある中で追い込まれながらやらなきゃいけない。
おそらくジュニアの時より見ている人の数(ファン以外の一般視聴者)も増えているので、気を遣うことも多いでしょうし、プレッシャーもあるでしょうし。
かなりきついんじゃないかなぁ、と思うんですよ。

せめて睡眠時間は確保できてるのか?お休みはもらえてるのか?
そのあたりの健康面の配慮もしてジャニーズ事務所はスケジュールを組んでマネジメントをしているのか。
もしタレントの健康面についてなんの配慮もせずに働かせているんだとしたら
労働力の搾取だけを目的としているブラック企業と何が違うんだ?と思っちゃうんですよね。

まぁ、売り方の戦略として、そういうがむしゃらに頑張らなきゃいけない時期があるっていうのは、なんとなくわかるんですよ。
例えば一発屋の人が当たったりしたら、そのタイミングでは無理してもたくさんのメディアに出て顔を売らなきゃいけない、とか。
ただそういうのは期間限定だから頑張れるわけで。
いつ終わるかわからない状態でずっとフルパワーで頑張り続けるっていうのは
ロボットなら可能かもしれないけど人間には不可能だと思うんですよね。

 

若手の勉強のため、とか若手に経験を積ませるため、とか。
それっぽいことを言ってひたすら無理をさせて労働力を搾取するのはブラック企業の常とう手段ですよね…
(本当に若手のキャリアプランを考えている企業もないわけではないと思うけど)

「俺らの時代はそれが普通だった」とか経営者や上司は過去の自分のことを語りたがるけど、そもそも過去と今は違うから。
おそらく今の方が負担の多い仕事をさせられてるから。
昔と同じ負担の仕事だと思うなよって感じです。

がむしゃらに頑張ってるやる気のある若者をボロボロになるまで働かせて。
体調を崩して使い物にならなくなったら使い捨てて。
企業は代わりに別の若者(犠牲者)を探すだけ。
そんな会社辞めた方がいいですよ。
こういうブラック企業がマジで嫌いなんですよね。

「社会人なんだから体調管理も仕事のうちだ」って、休日出勤させて残業数百時間やらせといて当然のように言うし。
しまいには本人の仕事の処理能力が遅いせいで労働時間が長いんだとか労働者側のせいにし出すし。
実際それくらい時間がかかることをやらせてるのに。
企業側を正当化して労働者を自主的に働かせたくて、ただ単に労働者を追い込むために言ってるだけですよね。
イラつくわ~…
(言葉遣い・・m(__)m)

 

そんなブラック企業を作り上げてるのも結局人なわけで。
企業という組織を維持する、っていうよくわからない大義名分のためなら人をボロボロにしてもいいと思ってるってなんなんでしょうね。
いつの時代だよ!?
当然その企業のサービスを受けているお客さんや雇用を維持してもらわないと困る従業員もいるだろうから、
組織を維持するための努力は必要だと思うけど。
それが個人の幸せや未来を奪うほどの大義名分だと私は思えない。
私が経営者じゃないからわからないだけなのか?
・・・そんな経営者の気持ちなんて知りたくもないわ!!!

やばい・・・感情的になって話が完全にそれてる…
すみません、話を戻そう。。。

 

広告

 

途中からブラック企業への不満をただ感情的に書いてしまいました。
すみません。

つまり言いたいことは、平野さんを労働力の搾取の対象にしないでほしいんですよね。
せっかくの才能なのに、事務所都合の激務でつぶしてほしくないんですよ。
(まぁ平野さんにとってメリットがないわけではないけれど、激務の程度がひどい)

平野さんは何事もそつなくこなしそうだし、しんどくてもつらいって言わなそうだから
ジャニーズ事務所からしたら都合よく使えるんだろうけど。
1人の平野紫耀ファンとして、私は推しがそんな都合よく使われているんだとしたら本当にイヤです。

これでもしタレント本人に「毎日たくさんのお仕事をいただけてありがたいです充実してます」とか言わせたら
都合よく若者を酷使して企業を正当化して洗脳してるブラック企業と同じだわ、マジで。
と大人の社会人の私は思ってしまいます…
まぁ、建前としてそう答えるしかないんでしょうけど、若者が本当にそう思って働いているんだとしたら、心配になりますね…

そもそも二十歳やそこらの若い子が自分の健康を守ることの優先順位をあげて働くっていうこと自体、無理だと思うんですよね。
若いんだから。
そういう所こそ、周りの大人が配慮してあげないといけないんじゃないか、と私は思うんだけど。
どうなんでしょう。
逆にそこにつけこんでいるような気もしなくもない。
芸能事務所にとってのタレントって、資産であり商品なんだからもうちょっと大切に扱っていただけないでしょうか??

 

・・・さすがに長いですね(汗)
しかもまだまだ続くし…
2つの記事にわけよう!
続きはその2で!

【追記】
続きです。
キンプリ平野紫耀さんが働きすぎな件。ジャニーズ事務所とブラック企業 その2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。